新型コロナウイルス感染防止
新型コロナウイルス感染防止対策への皆さまへのお願い、
NICTとしての対応

  • TOP
  • 新型コロナウイルス感染防止

本演習の開催にあたり、新型コロナウイルス感染症防止対策として、受講者のみなさまに安全・安心に参加いただけるよう取り組んでまいります。
以下の注意事項・ご案内に関しましてご理解・ご同意の上、お申込みをいただき、ご来場いただきますよう受講者のみなさまにはご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

皆さまへのお願い

<事前のお願い>

  • ご参加いただく演習日の 14 日前より検温、体調管理をお願いいたします。
  • 厚生労働省が推奨する新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)のダウンロード、ご使用にご協力をお願いいたします。

<演習当日のお願い>

  • 受講当日の朝、必ず検温を行い、37.5℃未満であることをご確認の上ご来場ください。
  • ご入場時に非接触型体温計にて検温を行わせていただきます。37.5℃以上の発熱がある方はご入場をお断りさせていただきます。
  • 以下の症状に該当する方は当日のご受講をお控えいただきますようお願いいたします。
    また、ご入場時に同様の症状が見受けられた場合、ご入場をお断りさせていただきます。
    • 37.5℃以上の発熱、または平熱と比較して体温が高い
    • 咳、倦怠感、呼吸困難、喉の痛み、味覚・臭覚障害、など新型コロナウイルスに特有の症状がある
    • ご家族や同僚など身近に新型コロナウイルス感染症患者や濃厚接触者がいる
    • 政府が入国制限措置を設けている国・地域から日本に入国後 14 日間経過していない
    • そのほか体調に不安がある
  • 会場内では、必ずマスクを着用してください。
  • 受付時、会場内や化粧室などにて整列いただきます際は受講者様同士の間隔を空けてご案内をさせていただきます。
  • ご入退場時には、会場に設置している消毒用アルコールにて、手指の消毒をお願いいたします。
  • ロビーや会場内でのご歓談はお控えいただきますようお願いいたします。会場内は受講者様同士の距離を保っていただきますようお願いいたします。
  • 会場において体調がすぐれない場合は、講師・チューター他、運営スタッフにお知らせください。
  • その他、会場スタッフの指示に従っていただきますようお願いいたします。

NICTとしての対応

会場及び座席の配置

例年よりも広い演習会場を選定し、収容率が50%以下となるようにしております。その上で受講者様同士の距離を1m以上離して座席を設営しております。

※会場設備などによって、図とは違う構成となることがあります。

消毒用品の設置と対応

  • 手指消毒用アルコールディスペンサーの設置
  • 使用する機材(PCやマイク等)・会場設備(机や椅子、ドアノブ等)の消毒

講師・チューターの健康管理

  • 講師・チューター他現地スタッフについては、演習日の前日・当日の朝・終了後に、検温・体調の確認などを実施
  • フェイスシールド、マスク等、感染予防対策品の装着
  • 受付担当者のビニール手袋の装着
  • 厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の使用

室内換気

  • 演習中、定期的に換気を実施
  • 入口等のドアを開放し、密室にならないよう配慮

感染者が発生した場合の対応

会場内で新型コロナウイルス感染者が出た場合、速やかに保健所・各自治体などへ届け出をし、各公的機関からの指示に従って対応に努めます。

演習の延期・中止について

演習が行われる地域において以下の状況となった場合は、演習の延期もしくは中止を検討致します。

  • 新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)第32条1項に基づき、政府対策本部長(内閣総理大臣)により緊急事態宣言がされ、かつ都道府県知事により同法第45条第1項及び第2項に基づく外出・移動の自粛や施設の使用制限等の要請がなされたことにより、演習の実施が困難となった場合。
    (例:受講者や講師の移動が困難な場合、会場が確保できなくなった場合 等)
  • その他、自治体が単独で警戒宣言を出した場合等には、当該宣言等の内容を検証し、関係各所とも相談の上で演習の実施について判断します。
ご相談・お問い合わせはこちら